2017年7月1日土曜日

『現代詩手帖』 8月号 「エミリ・ディキンスン特集」(近刊)

ディキンスンの伝記映画『静かなる情熱』の封切りに合わせ、
思潮社刊の『現代詩手帖』がディキンスンの特集を組んでくれました。
会員が13名、寄稿しています。どうぞお近くの書店等でお求めください。

内容
インタビュー 新倉俊一(聞き手・佐藤江里子)
アンソロジー(10篇+訳注) 江田孝臣、朝比奈緑、小泉由美子、東雄一郎冬木詠子吉田要
gozoCine 吉増剛造 「エミリーfilm」
論考・エッセイ 鵜野ひろ子、大西直樹、亀井俊介、下村伸子、武田雅子、栩木伸明、堀内正規、暁方ミセイ、岡野絵里子、小池昌代、鈴木ユリイカ、文月悠光、ヤリタミサコ。

作品 ぱくきょんみ+溝上幾久子
    山下陽子+サイトヲヒデユキ

2017年6月6日火曜日

日本エミリィ・ディキンスン学会 第32回大会

日本エミリィ・ディキンスン学会 第32回大会
The Emily Dickinson Society of Japan
The 32nd Annual Meeting

日時:  2017年6月17日(土)13時00分~17時30分
会場: 駒澤大学駒沢キャンパス 1-202教室 
住所: 東京都世田谷区駒沢1-23-1

開会の辞 (13:00)  会長 駒澤大学  東 雄一郎

総会(13:05~13:30) 議長  東 雄一郎

I. 研究発表  (13:30~14:10)  司会 早稲田大学 江田 孝臣

「ディキンスンとヒッチコックの共同体、農業、科学」 日本工業大学 吉田 要

II. シンポジアム (14:20~16:10)
  『ディキンスンの風景表象』
1) 「ディキンスンとメタファー: その(不)可能性について」    
 東京外国語大学 加藤 雄二
2) 「ディキンスンと俳句――時と無常――」               
 青山学院大学・非 岡本  さだこ
3) 「不可視のものを見むとして」                        
 国際タンカ協会会長 結城 文
4) 「ディキンスンの風景詩学を考える」                      
 茨城大学 小泉 由美子
5) 「ディキンスンのメタファーの個別性と普遍性」            
 茨城大学 岡崎 正男

休憩(16:10~16:30)
III. 講演 (16:30~17:30) 司会 早稲田大学・非 金澤 淳子

「パウル・ツェランとエミリィ・ディキンスン」   鶴見大学 冨岡 悦子

閉会の辞(17:30)  副会長 慶應義塾大学 朝比奈 緑

    ******************************************************************************
懇親会 (18:00~20:00) 司会 東 雄一郎
会場:レストランRikka(立食形式)
会費:6,000円(学生 3,000円)
問合せ先:〒162-8644 東京都新宿区戸山 1-24-1 早稲田大学文学学術院
江田孝臣研究室  E-mail: te21@waseda.jp

2016年10月22日土曜日

Marianne Noble教授講演会(神戸女学院)



Marianne Noble教授講演会(神戸女学院)

神戸女学院大学でのノーブル先生の講演は以下の予定です。

講演者:Prof. Marianne Noble, American University.

演題:"Sympathy and Human Contact in the Poetry of Emily
Dickinson"

11月3日(木)17001800 
神戸女学院大学文学館(L)-28番教室

その後、懇親会もあります。

ご都合が付きましたら、是非ご参加ください。


11月5日(土)の東京での講演は以下の通りです。


講演者:Prof. Marianne Noble, American University.
演題:"Sympathy and Human Contact in the Poetry of Emily
Dickinson"
主催:日本エミリィ・ディキンスン学会
日時:2016115日(土) 16:0017:30
   (講演後、懇親会を予定しております。
ご出席頂ける場合、早めにメールでお知らせ下さい
場所:東京都新宿区戸山1-24-1 早稲田大学戸山
 キャンパス 33号館低層棟6階第11会議室
 東京メトロ 東西線 早稲田駅下車5
  当日は学園祭期間中のためキャンパス内が多少混雑する
  ことが予想されます
    江田孝臣 te21@waseda.jp
                                                    2016107
 

2016年5月15日日曜日

日本エミリィ・ディキンスン学会 第31回大会
The Emily Dickinson Society of Japan
The 31st Annual Meeting


日時:  2016年7月9日(土)13時00分~17時30分
会場: 慶應義塾大学日吉キャンパス
            来往舎1F シンポジウムスペース
住所: 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1

開会の辞 (13:00)        会長 駒澤大学 東 雄一郎

総会(13:05~13:20)   議長  東 雄一郎

I. 研究発表  (13:20~14:00; 14:05~14:45)  
                                    司会 北海道教育大学  上石 実加子

「眠る種――Dickinsonの墓と再生」   
                                   北海道大学(院)     石川 まりあ
「エミリー・ディキンスンの「青い半島」への道のり」    
                                   京都女子大学(院) 山下 あや
〈休 憩 15分〉
II. シンポジアム (15:00~16:20)
 「Mabel Loomis Toddをめぐって」    

                                   国際基督教大学 大西 直樹
                                慶應義塾大学 朝比奈 緑
                              早稲田大学 江田 孝臣
〈休 憩 10分〉
III. 講演 (16:30~17:20) 
                                   司会 京都女子大学 下村 伸子

「和歌とエミリー・ディキンスン」  詩人  小池 昌代

閉会の辞(17:20)     副会長 朝比奈 緑
    *************************************************
懇親会 (17:30~19:00)    司会 東 雄一郎
会場:来往舎1F ファカルティラウンジ(大会会場に隣接)
会費:5,000円(学生2,500円)
問合せ先:〒162-8644 東京都新宿区戸山 1-24-1
                 早稲田大学文学学術院
         江田孝臣研究室  E-mail: te21@waseda.jp

2015年9月23日水曜日

The Emily Dickinson Review 論文投稿規程

会員の皆様
本学会では、機関誌The Emily Dickinson Review 第4号(2017年3月発行)から論文を掲載することになりました。投稿規程は下記の通りです。右のサイドバーでもご覧頂けます(常時掲載)。第4号の締め切りは2016年9月30日です。ふるってご応募ください。
事務局

--------------------------------------
The Emily Dickinson Review投稿規程
日本エミリィ・ディキンスン学会

1. 内容:
エミリィ・ディキンスンに関する未発表の研究論文とする。全国大会等で口頭発表した場合は、その旨注記すること。
2. 投稿資格:
会員以外の応募も受け付ける。ただし、掲載時には会員でなければならない。
3. 枚数:
日本語の場合はA4サイズを用い、8,000字程度。英文シノプシス500語程度を添付すること。英語の場合はA4サイズ、ダブルスペース、4,000語程度。
4. 体裁:
注、引用文献は文末におくものとする。日本語、英語いずれの場合も、論文の書式はMLA Handbook for Writers of Research Papersの最新版に準拠すること。
5. 提出方法:
論文はMSワード文書ファイルにして電子メールの添付形式で編集局へ送ること。2週間たっても受領の返信が無い場合、再連絡を取ること。
6. 投稿時の注意:
投稿論文とは別の添付ページに投稿者の氏名、所属、住所、電話番号、emailアドレスが書いてあるものを提出すること。論文には氏名を入れず、匿名性が保たれるようにすること。また、提出後、編集部から加筆・修正を求められることがある。
7. 応募締切: 
9月30日
8. 審査:
応募原稿は審査委員会により掲載の可否を決定し、編集局より12月31日までに本人に通知する。
9. 提出先:
編集局。

附則 1.この規程は 2015年10月1日をもって施行される。
      2.この規程の改正は役員会で行うものとする。

1. MLA Handbookの最新版は7th edition (2009)。
2. 編集局所在地 〒503-8550 岐阜県大垣市北方町5-50 岐阜経済大学、古口博之研究室。
Email  koguchi@gifu-keizai.ac.jp (全角の@は半角の@に変えて下さい)

----------------------------------------
The Emily Dickinson Review Editorial Guideline
The Emily Dickinson Society of Japan

Manuscripts should be addressed to the editorial office (1) and submitted as an email attachment in Word for Windows 7 or 8.  Manuscripts should be prepared according to the current MLA style (2), using Works Cited format and parenthetical citation.  Manuscripts should be in the form of A4 and around 4,000 words.  All lines should be double-spaced.
Contributors may not be members of the society, but they must join the society before their manuscripts are issued.
Deadline for submission: September 30.
Be sure to provide full contact information on a separate title page: name, institution, address, phone mumber, and email address.  Do not include your name anywhere on the manuscript itself, and compose your text in such a way that it does not compromise anonymity in the review process.  When you do not receive any answers from the editorial office for two weeks after you have submitted your manuscript, please contact the office.  The review result will be noticed to contributors by the end of the year.

Notes
1. The editorial office is located at Gifu Keizai University, 5-50, Kitakatacho, Ogaki, Gifu 503-8550, Japan. Editor: Hiroyuki Koguchi. Email  koguchi@gifu-keizai.ac.jp (Replace @ with @)
2. The seventh edition of The MLA Handbook for Writers of Research Papers (2009).

2015年6月2日火曜日

日本エミリィ・ディキンスン学会 第30回大会
The Emily Dickinson Society of Japan
The 30th Annual Meeting

日時:  2015年6月20日(土)13時00分~17時30分
会場: 駒澤大学駒沢キャンパス 1-204教場
住所: 東京都世田谷区駒沢1-23-1

開会の辞 (13:00) 会長 国際基督教大学  大西 直樹
            総合司会  事務局長 早稲田大学  江田 孝臣

総会(13:05~13:30) 議長  大西  直樹

I. 研究発表  (13:30~14:10) 司会 早稲田大学(非) 金澤 淳子
  “Dickinson’s mystery: Death and Immortality”  学習院大学(院) 久保田 恵理

II. ワークショップ 1 (14:15~15:45)
  “Some - Work for Immortality -” (F 536 / J 406)を読む
司会・パネリスト 首都大学東京 吉田 要
パネリスト 芝浦工業大学 宇佐 教子
駒澤大学 川崎 浩太郎

III. ワークショップ 2 (16:00~17:30)   司会 江田 孝臣
  「私の好きなディキンスンの詩」   パネリスト
    1. "After a hundred years" (F 1149 / J 1147)   宮崎 輝恵
    2. "Hope is the thing with feathers" (F 314 / J 254)  青山学院大学(非) 岡本 さだこ
    3. "There's a certain Slant of light" (F 320 / J 258)   茨城大学 小泉 由美子
    4. "As imperceptibly as Grief" (F 935 / J 1540)   東海学院大学 濱田 美佐子
    5. "The Wind begun to rock the Grass" (F 796 / J 824)  大西 直樹

閉会の辞(17:30) 副会長 駒澤大学 東 雄一郎
    ******************************************************************************
懇親会 (18:00~20:00) 司会 大西 直樹
会場:深沢キャンパス 小ホール(地図参照)
会費:5,000円(学生2,500円)
問合せ先:〒162-8644 東京都新宿区戸山 1-24-1 早稲田大学文学学術院
江田孝臣研究室  E-mail: te21@waseda.jp

2015年5月12日火曜日



前会長の鵜野ひろ子先生から以下のような案内がありましたので、ご紹介します。以下文面の引用――

私の友人の小澤ともこさんというジャズピアニストが6月121314日に東京のあちこちで、ライブをします。
  彼女はICUを卒業後、ボストンのバークリーというジャズのトップクラスの大学を修了し、アメリカ各地で活躍中ですが、作曲もします。最近、ディキンスンの詩に触発されて、作曲したものがCDになって、発売されました。それを記念してのライブです。
 
以下のサイトでご確認ください。

鵜野ひろ子